ブースデザインにこだわるなら

展示会ブースについて学ぼう

ブースデザインにはスタッフへの教育も含まれる?

ブースデザインにはスタッフへの教育も含まれる? ブースデザインは単に紹介する製品の配置やブースそのものの配色、レイアウトなどだけではなく、来訪してくれたお客さんがいかに有意義な時間を過ごせたり、快適に楽しむことができるかという部分も含まれてきます。
そのためには、快適なスペースだけでなく、行き届いた接客応対も必要不可欠になります。
このため、ブースデザインにはそこで接客応対を行うスタッフへの教育も含まれている場合が多いです。
せっかく周囲よりも目立つレイアウト等で注目を集め、商品の魅力を最大限に引き出すことができるようなブースが完成しても、そこで対応するスタッフの知識や接客技術が乏しくては、ブースの出展を成功させるのは難しくなってしまいます。
単に環境面だけを考えるのではなく、実際に来訪するお客さんの立場に立ってより良い時間を過ごしてもらうための総合的な努力をすることがブースデザインには欠かせません。
トータルで考えて高いレベルを維持することが成功するボスデザインの秘訣なのです。

ブースデザインと商品知識が展示会では重要

ブースデザインと商品知識が展示会では重要 展示会を行う時に多くの人が帰するのがブースデザインですが、主催者側が気にするほど来場者は気にしていないケースも少なくありません。
来場者は、あくまでそのブースに商品やサービスの説明を聞いたり見にきたりしているので必要なのは豊富な商品知識です。
説明を求めたときに豊富に商品についての知識を持っていることで、好感度もアップしますしその会社と取引をしたいと感じる来場者は多くなります。
ブースデザインは、人目を引いたほうが来場者が増える可能性は高いですが、あくまでそれはきっかけにすぎません。
きっかけをつかむことはとても重要ですのでセンスや清潔感などは大切となります。
しかし実際には商品知識が豊富でその商品やサービスに興味を持ってもらえることが重要となりますのでブースデザインと合わせて、スタッフに商品についての知識が求められるという認識を持っておくこともポイントです。
展示会を行う際には、その点に注意しましょう。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>