ブースデザインにこだわるなら

開催する内容にマッチしたものを

開催する内容にマッチしたものを

開催する内容にマッチしたものを 企業などでイベントにおけるブースデザインを考える際、そのブースで何を行うのかという内容に見合ったデザインにすることが大事です。自社の新製品やサービスを宣伝するのか、芸術品を展示するのか、あるいは就職のためのセミナーを行うのか等、開催するものによってそれに適したデザインがあるはずです。もしたくさんの会社がブースを並べるような展示会に出展するのなら、妙に凝ったデザインにする必要はないかもしれません。
自社のロゴやカラーがあるのなら、そのままブースデザインに反映させたほうが来場者の目に留まりやすいでしょう。普段と異なるカラーや模様をデザインしてしまうと、却って見つけられにくくなります。ブースデザインは時間をかけて凝ったものを考えれば良いわけではなく、あくまで開催する内容の包装紙のようなものであると認識することが重要です。自社でデザインせずに専門のデザイン会社を使う場合などは、特にそのことを忘れずに依頼するようにしましょう。

ブースデザインを成功させるなら経験を積むこと

ブースデザインを成功させるなら経験を積むこと 展示会などに出店する場合、まずは集客力を上げるためにはブースデザインをどのようにするのかを考える必要があります。どれだけ優れた商品を展示していたとしても、人は一瞬の見た目で興味をひかれなければブースには立ち寄ってくれません。では、どのようなブースデザインをすれば展示会を成功させられるのでしょうか。
まずは経験として自らが展示会などに足を運んでみることが重要です。そうすれば、商品だけでなくカタログなどの置く位置や照明の位置などにもこだわって作られていることが分かるでしょう。ブース自体は、他のブースがあまり使っていない色味を使ったりすることで目立たせることはできますが、そこから実際に立ち寄ってみようと思わせるにはさらなる工夫が必要になります。
自分が様々な展示会に足を運ぶことで、どのようなブースに興味をひかれたか、実際に足を止めて展示商品を見たかということを考えれば、どのようなブースがいいのかは自ずと導き出されるはずです。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>