ブースデザインにこだわるなら

展示会ブースについて学ぼう

ブースデザインとキャッチコピー

ブースデザインとキャッチコピー 展示会で出展ブースを出す時には、たくさんの企業がひしめき合って出展するため他社に埋もれない工夫が必要です。
ブース内で提案する内容はもちろんのことですが、ブースデザインにも配慮が必要です。
ブースデザインで気をつけることですが、例えば通路からの見えやすさが大事になります。
企業名のロゴや出展内容を表すキャッチコピーなどは、通路から見えやすいところに目立つように提示します。
企業名のロゴなどは、どの通路のどの方向から歩いてきた時にも見つけられるように何箇所かな掲示しておくと、通りがかりに見落とされず立ち寄ってもらいやすくなるでしょう。
また展示ブース内は、ぱっと見で分かりやすいことが大事です。
熱心な来場者はしっかり理解しようとじっくり見て回ってくれるかもしれませんが、ほとんどの人は通りがかりにぱっと見て興味がある内容がどうかを即座に判断してしまいます。
分かりにくいものだと、内容が良かったとしてもなかなかその良さを展示会では分かってもらえないものです。

ブースデザインで注目を集めるためのおすすめの手段

ブースデザインで注目を集めるためのおすすめの手段 展示会に出展した際には、一人でも多くの人に来場してもらいたいという思いをお持ちのことでしょう。
一方で、色々工夫しているつもりなのに人が寄り付かないことに、お悩みの担当者の方は多いのではないでしょうか。
実際に展示会を歩いてみるとわかる通り人がたくさん集まって非常に込み合っているブースがある一方で、閑散としているブースも存在します。
出展したブースを前者のような人々を惹きつけるものにするには、ブースデザインを工夫することが重要です。
具体的には、存在感を高める工夫を施したブースデザインにするのがおすすめです。
その際には、注目を集められる遊び道具を駆使するのも効果的です。
個性的な造作物やAR、今は流行のプロジェクションマッピングなどの真新しい遊び道具を活用することで人々からの目線を集めましょう。
また、短くわかりやすいキャッチコピーを掲げているのもおすすめです。
一瞬の目線でしっかり興味をもってもらえる工夫した文言を駆使して人の目に留まるブースを目指してみて下さい。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>